PearMemory

今は9割アニポケの感想

ガラル粒子 とローズ

鎧島の道着は速攻で脱ぎ捨てたけど、
探検隊セットはちょっとかわいかったから暫く着てた。



ターフタウンの地上絵を見に来たソニアとゴウ。
英雄伝説に出てくるブラックナイト、地上絵に描かれし渦、
近頃頻発するダイマックス事件との関連を疑い 不穏な心持ちのソニア。
各地へ調査に赴くソニアを、オリーヴの手の者が追跡していた。
ソニアはゴウに、英雄伝説を伝える古いタペストリーの話をする。
描かれし英雄は2人、英雄像では1人、この事から
伝説が正しく伝わっていない可能性があると考えていた。
ソニアとゴウは結果を報告しにマグノリア博士の元へ向かう。
マグノリア博士はソニアの祖母。ソニアはダンデとも幼馴染だそう。
かつてはダンデにバトルのあれこれを教えていたが、次第にダンデが実力を伸ばし
チャンピオンとなり、どんどん遠い存在となっていく様を見て
自分は違う道を進む事を決意したのだそう。
サカキの密命により、地下プラントに労働者として潜入するロケット団
漏れ出るエネルギーと感嘆するローズを見て、ロケット団も興奮気味。
漏れ出たエネルギーが鉱山に墜落、セキタンザンがキョダイマックスする。
暴れるセキタンザンを ダンデとサトシが止めに入る。
2人がかりでなんとか制圧。
鉱山を荒らされた事に怒った労働者たちがセキタンザンに石を投げると
『セキタンザンは悪くない』と サトシはこれを止めに入る。
視察に来ていたローズは サトシの行動を称賛。
ダンデから話には聞いていたようで、ローズはサトシを気に入った模様。
空腹なサトシをディナーに誘う。
研究所に着いたソニアとゴウ。ソニアはゴウの推察能力を高く評価。
博士向きと言われ満更でもないゴウ。
でもその前に全てのポケモンを捕まえると意気込む。
立ち話をしている2人の近くに隕石のような物が墜落。
それは願い星というらしい。本気の願いを持つ者の元へ墜ちてくるのだとか。
マグノリア博士にダイマックスについて話を聞くゴウ。
マグノリア博士はダイマックスに関わるガラル粒子の研究を進め、
ローズと共同でダイマックスバンドを開発したらしいが、現在は降りたそう。
ソニアは先程墜ちた願い星を加工したダイマックスバンドをゴウに贈呈。
ゴウと共に考察した英雄伝説について ソニアはマグノリアに報告。
一定の評価は得られたものの、更なる調査を命じられる。
ローズタワーに招待されたサトシ。夜景の見えるレストランでローズと対談。
ローズはサトシの能力を見込み、自分の元でガラルの為に活動しないか勧誘する。
しかしサトシはこれを断る。世界中を飛び回り、様々な出会いをしたい模様。
ローズの誘いを断り、オリーヴは酷くご立腹のようだがww
サトシはこのままローズタワーに泊まり、ゴウと連絡。
ゴウは翌日もソニアと遺跡調査へ行くそうなので、そこで落ち合う事に。
ダンデは ダイマ事件についてローズの関りを疑い始めていた。
翌朝、調査に向かうソニアとゴウにマグノリアは重いトーンで語りかける。
ローズとの共同研究から降りたのは、ローズの目つきに狂気を感じたからだそう。
その会話を聞いていた密偵はオリーヴに報告、排除の命を受ける。
遺跡に到着。なんかコレジャナイ感のある壁画と対面。
他の場所を見に行こうとする2人の前に、オリーヴの密偵が立ちはだかる。
同行するよう迫られるが、これを拒むと相手はキョダイダストダスを繰り出す。
遺跡の壁画からガラル粒子が放出されている模様。
ゴウもラビフットをダイマックスさせ応戦。
ダストダスの攻撃によろめいたラビフットが壁画に倒れこむと、壁画は崩落。
崩れた壁画の裏から像が現れたところで次回へ



剣盾編2 ローズの二面性ww
外ではいい顔をしていながら、エネルギー開発に没頭する
かなりヤベー奴感出てて ちょっと良かったぞw
オリーヴも顔芸披露w
ソニアとゴウがかなりいい感じになってきてるぞ。いいのかコハル。
そしてなんだかんだ他地方の機密研究にまで網張ってるサカキ様なんなのww
そしてなんだかんだでこういう時決まって送り込まれるロケット団ww
実はマトリマトリックスより信頼されてそう。
剣盾発売から1年、今更って思ったりもするけど
軽く忘れかけてた『こんなんあったな~』を掘り返してくれて、
サブ垢で周回でもしようかな という気にさせやがる。


次回、ムゲンダイナ復活。
どうでもいいけど、発売初期の頃 ★1レイドにムゲンダイナで潜って
ダイマックス砲ぶちこんで盛大にネタバレ放り込んできたヤツまじでクソだわ。